ホンマルラジオに出演した時の内容を全文テキストにしました。

ホンマルラジオに出演した時の内容を全文テキストにして掲載しました。

よろしければ、ご覧ください。

秋分の日

おはようございます。

本日は秋分の日。

晴れ渡り、とても爽やかで良い香りのする風が吹いています。

初春の令月(れいげつ)にして 気淑(よ)く風和(やはら)ぎ 梅は鏡前(けいぜん)の粉(ふん)を披(ひら)く、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(くゆ)らす”

令和の風でしょうか。

エアコンとはパワーが違います(^^;)

久しぶりに窓を開け放ちました。

風が通り抜けてこの上なく気持ちがいいです。


今年の秋分について、かこいえりさんが、西洋占星術の視点から語っておられます。

(19:47)
”今年、ここまでの社会の変化、世界の変化ていうのはすごく大きかったわけですけれども、ここから3か月の変化もまた、ものすごい大きくなると思います。

それはやっぱり、地の時代の最後、木星・土星が山羊座の最終度数域を移動していく期間でもあるし、木星・土星・冥王星、7ハウス・8ハウスにいるということなので、今まで見えてこなかったような世界の裏側、社会の裏側、本当のことというのが、暴かれていきます

それは、今まで誰かが嘘で隠してきたようなものが、どんどんどんどんあぶり出されて、公にされていく、白日の下にさらされるということになっていきます。

て言ったら、世界はある意味、ひっくり返ります。

今まで白だと信じてきたものが、真っ黒になる、みたいな、本当に価値観がね、ぐわって変わっていくようなことが、ここから起きてくるかなと。

で、大分衝撃もあると思います。

8ハウスに土星と冥王星が入っているというのは、破壊と再生なんですよね。
一回全部壊れるっていう感じ。

その衝撃はものすごい大きいと思うんですよ、私たちにとっても。
ある意味この世界の闇を、私たちはこれから知るっていうことになるかもしれません

だけど、大事なのは、そこから目をそらさないことですね。
私たちが生きているこの世界、その現実をしっかり見るということ


これから向かう風の時代は本当に楽しくて幸せな時代です。
みんなが平等でフラット。
奪う奪われるとか、誰が上、誰が下とか、そんなことなくて、みんなが本当に平等なんですよ。
そういう素晴らしい世界が来るのを待つのではなくて、そういう世界をつくるのは私たちひとりひとりなんですよ。
私たちひとりひとりの内側、この意識が、この世界を創り出しているということです。

だから、ここから出てくる世界の闇、真実、目をそらさずに見ること

それは自分たちの創り出した世界でもあるから、責任をもって見届ける

本当に自由な世界ていうのは、闇を知らずには創れないと思うので、もうね、目をそらさずに、しっかりと見てほしいんですよね。

で、それは、私たちの社会の大きな枠の中だけではなくて、自分の身近な場所でも起きてくると思います。
自分の人間関係とか、仕事の関係とかですね、身近な場所、ここで壊れる関係性・パートナーシップもあるかもしれません。
でもそれは、その関係性の中にあった今までの嘘や偽りが出てくるっていう感じです。
そこで、自分の中の黒い部分、闇を見ることから目をそらさないでください。

力強いメッセージですね。

私も同じことを伝えたい。


自分の中の黒い部分、闇を見ることから目をそらさないでください。

目に見えない世界

YouTubeチャンネルに、ブログ関連動画の再生リストを作成しました。

https://www.youtube.com/channel/UCwFxheWomrA9Oy_x5ItwqFw/playlists?view_as=subscriber

私は、目に見えない世界における動きが、目に見える世界に対して影響を与えていると考えています。
これは直感です。
ですので、政治系の動画に加えて、スピリチュアル系の動画もご紹介しています。よろしければご覧ください。

なお、私が撮影した活動動画もかつてはアップしていたのですが、BANされそうになったので、残念ですが今はアップしていません(^^;)

祓え

「ひとりがたり馬渕睦夫」#19 令和の時代に生きる方法 〜元々の姿が一番美しい〜より引用

(11:39)
“すでにあるものが、その、本来あるものの姿が曇っていると。 だからそれを、その曇りを取り除くことが、今日求められている「改革」ということですね。

これを神道の言葉では、「祓え」というわけですね。”

なんだかお掃除と似ていますね。

私はきれいなお家や洋服の方が好きです。

進歩史観とグローバリズム

進歩史観とグローバリズムについて馬渕睦夫大使が語られています。

「ひとりがたり馬渕睦夫」#11 グローバリズムとユダヤ思想・質問祭り前編(国際問題編)

(19:08)
”古事記の世界といいますかね、古事記を勉強すると分かるのですが、魂というのはもともと最初から完璧なものですからね、それが進歩する、進歩しないというのは、それ自体、西洋的な進歩史観に毒されている、というのは悪いのですが、影響を受けている発想ですね。

進歩史観というのは、いわば、人間はいわば一直線といいますかね、永遠に進歩するものだという思想ですね。
ですから、その進歩の方向に合わないものは倒してもいいという、独善的な発想になるわけですね。

かつてそういうことが唱えられたのは、われわれもよく知ってますが、共産主義だったわけですね。
「共産主義は歴史の必然である」とわれわれは教えられましたね、みなさん。
団塊の世代の方、そうですよね。
ですからいずれ日本も共産主義国化するということだったんですよ。
それは歴史の必然だから、そうなるんだ、ということですね。

しかし、歴史というものは、そういう進歩史観では、進歩史観といいますか、彼らが想定した通りに動いていないわけですね。
むしろ、日本の歴史というのはそうではなくて、復古主義ですからね。
復古主義といいますか、もともと完璧な世界があって、それが色々歪んでるから、それを元に戻すというのが、いわば簡単に言えば、日本的な、伝統的な歴史観ですね。

で、ユダヤ・キリスト教の歴史観というのは、そうではなくて、世界はある方向に向かって一直線に動いてるんだということですね。
そこの根本的な違いがあるんですが、その一環として、グローバリズムというのが生まれてきているわけですね。
共産主義も、グローバリズムも一側面でしたね。”

進歩史観・グローバリズムは偉大でした。
「進歩の方向に合わないものは倒してもいい」という発想は、和の思想に慣れ親しみ守られる反面、束縛された日本人にとって、魅力的に映ったからです。
多くの人々が引き込まれていったのも、やむを得ませんでした。

現在、グローバリズムは、日本において力を失いつつあります。
拠点である欧米において、あまりにも倒しすぎて、もう倒せるものがなくなったからです。
それでもグローバリズムを追いかけるのでしょうか。