進歩史観とグローバリズム

進歩史観とグローバリズムについて馬渕睦夫大使が語られています。

「ひとりがたり馬渕睦夫」#11 グローバリズムとユダヤ思想・質問祭り前編(国際問題編)

(19:08)
”古事記の世界といいますかね、古事記を勉強すると分かるのですが、魂というのはもともと最初から完璧なものですからね、それが進歩する、進歩しないというのは、それ自体、西洋的な進歩史観に毒されている、というのは悪いのですが、影響を受けている発想ですね。

進歩史観というのは、いわば、人間はいわば一直線といいますかね、永遠に進歩するものだという思想ですね。
ですから、その進歩の方向に合わないものは倒してもいいという、独善的な発想になるわけですね。

かつてそういうことが唱えられたのは、われわれもよく知ってますが、共産主義だったわけですね。
「共産主義は歴史の必然である」とわれわれは教えられましたね、みなさん。
団塊の世代の方、そうですよね。
ですからいずれ日本も共産主義国化するということだったんですよ。
それは歴史の必然だから、そうなるんだ、ということですね。

しかし、歴史というものは、そういう進歩史観では、進歩史観といいますか、彼らが想定した通りに動いていないわけですね。
むしろ、日本の歴史というのはそうではなくて、復古主義ですからね。
復古主義といいますか、もともと完璧な世界があって、それが色々歪んでるから、それを元に戻すというのが、いわば簡単に言えば、日本的な、伝統的な歴史観ですね。

で、ユダヤ・キリスト教の歴史観というのは、そうではなくて、世界はある方向に向かって一直線に動いてるんだということですね。
そこの根本的な違いがあるんですが、その一環として、グローバリズムというのが生まれてきているわけですね。
共産主義も、グローバリズムも一側面でしたね。”

進歩史観・グローバリズムは偉大でした。
「進歩の方向に合わないものは倒してもいい」という発想は、和の思想に慣れ親しみ守られる反面、束縛された日本人にとって、魅力的に映ったからです。
多くの人々が引き込まれていったのも、やむを得ませんでした。

現在、グローバリズムは、日本において力を失いつつあります。
拠点である欧米において、あまりにも倒しすぎて、もう倒せるものがなくなったからです。
それでもグローバリズムを追いかけるのでしょうか。

言論の弾圧

言論の弾圧について、馬渕睦夫大使が語っておられます。

「ひとりがたり馬渕睦夫」#51 米国内乱!革命寸前!米大統領選挙とディープステート

(26:15)
”トランプ大統領は、不正選挙のおそれがあるということをTwitterで発信していますが、それをTwitter社が警告しているわけですね。 これ自体、おかしな事なんですね。 Twitterは、いつからそういう権威を持つようになったのか。 かれらが、言論弾圧をしているわけです。 でも、そういうことは誰も言わないんですね。 トランプさんの暴言だ、というふうに、われわれは頭づくりをされられているわけですね。

これも、革命の一種なんです。 何度も繰り返しますが、革命っていうのは、正義か不正義かではないんです。 自分たちの意見に合わないものは、ことごとく弾圧するというのが革命なんですね。

それは、遡ればフランス革命からずっとそうなんですが、ロシア革命の例を挙げましたけれども、その後の中共の革命もそうですね。 つまり、そこに理屈はないんです。 理屈、といいますか、唯一の基準というのは、自分たちに賛成するか、反対するか、それしかないんですからね。 どこにも正義はないわけですね。 不正義がまかり通ると、正義がまかり通らないというのが、革命なんですね。 このことを、われわれは今日の段階でもう一度確認しておきたいと思うんです。

それはなぜかというと、明日の日本の姿になりかねないからなんです。 現に今、日本では、流血の革命の状況ではありませんが、もう言論界においては、完全に革命ですね。 つまり、左翼言論以外の人は、弾圧されているんですよ、今ね。 そういうことを、われわれは気づけないようになっているわけです。 これも、日本も既に、革命段階に入っているということだと思いますが、だからこそ私は、トランプ大統領に是非とも再選してもらいたいと。 まあ、今の状況が続けば、再選は間違いないと思ってますが、唯一の不安材料があるとすれば、それは不正選挙ですね。”

韓国において、日本人の言論が弾圧される様子です。
報道はされていません。
有志による動画です。

こちらもご覧ください。
日本第一党 村上利一氏:
https://blog.mitsuko-nakao.com/2020/09/19/murakami-toshikazu


一方、朝鮮学校は、日本で自由に活動していますね。

朝鮮学校の無償化除外 元生徒たちの敗訴が確定(2020年9月3日 NHK):https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200903/k10012599111000.html


これは「平和」なのですか。

これで幸せなのですか。

我慢は美徳なのですか。

私の原点

私が世界に対する考え方を変えるきっかけとなったのは、2008年のリーマンショックでした。

お金の流れは、人を、組織を、映し出します。
 
 
昔々、浦島太郎という若者がいました。
ある日、太郎が浜辺を歩いていると、亀が子供達にいじめられていたので、太郎は、亀を助け、海に返してあげました。
すると2、3日後、その亀が太郎の前に現れ、助けてもらったお礼に、海の中にある竜宮へお連れしたいと申し出ました。
太郎は亀の背に乗り、竜宮に連れて行かれました。
天国のような竜宮で、太郎は、美しい乙姫様の歓待を受けました。
太郎はしばらく滞在した後、帰宅する旨を伝えると、乙姫様は「決して蓋を開けてはいけません」と言って、太郎に玉手箱を手渡しました。
玉手箱を携えて、太郎は亀に乗り、浜辺に帰ってきました。
ところが、そこには、太郎が知っている人は誰もいません。
太郎は悲しみに暮れて玉手箱を開けると、中から白い煙がもくもくと出てきて、太郎は、髪もひげも真っ白な老人になってしまいました。
 
 
彼について行かない。
彼に巻き込まれない。
 
 
それが私の原点です。

共産主義と日本

博識な人はたくさんいますが、その知識をわが身にあてはめるということはしません。
まるで自分自身は異次元の世界にいるような感覚なのです。

自分は別、となってしまえばどんな高尚な知識も素通りしていきます。
この特別感がどこからやって来たのか分かりませんが、強い魔力を持っているのでしょう。

共産主義には強い魔力があることを認めなければなりません。
「特別な自分」が他者から奪い、支配するイメージは人間にとって魅力的なのです。

私には戦う力はありません。
しかしついて行きたいとも思わないのです。

共産主義者は己の醜い姿を隠すため、美しい理論で武装します。
人間は騙されやすい生き物です。
整いすぎた理論に気をつけるべきです。

本物には粗があるものです。