総括

戦後を総括するならば、卑怯の時代であったと思います。

正々堂々とした態度は、野暮なものとして嫌われました。

数の力あるいは権力で主語を偽装し、責任転嫁を行うことがもてはやされました。

小さな自分自身の身の安全を確保することが、すべてでした。

平和と卑怯は表裏一体。

平和が正義であるなら、卑怯も正義。

ただ、もうすぐ逃げる場所はなくなるでしょう、

2015年に欧州難民危機以降、日本にも続々と外国勢力が押し寄せているからです。

日本の真実を知るためには、一つ一つ、本当の主語を明確にしていく作業が必要となるでしょう。